賃貸物件を退去するなら|事前に原状回復の内容を知っておこう

作業者
リフォーム工事

引越しをするときの注意点

賃貸住宅を退去する際、トラブルになりやすいのは敷金の返金問題であり、現状復帰のための負担の問題です。基本的に、借主が不注意や故意によってつけたキズや汚れなどは借主負担。経年劣化によるものの現状復帰の費用は借主負担です。

賃貸住宅のガイド

空き部屋

部屋の修繕

賃貸住宅において入居時の部屋は綺麗ですが、時間が経過すれば劣化します。畳、床、給湯器、壁紙、畳どんなに綺麗にしても大事に使っても劣化します。その為、退去時には原状回復を求められます。現状回復と原状回復の言葉の違いを言えば、現状とは入居時の状態で戻してくれという意味になります。原状回復とは賃貸人が故意過失により破損した箇所を修繕することを言います。入居時の状態に戻す事ではありません。例えば、故意過失によりふすま壁紙を破損したらその箇所の費用を支払うことが原状回復となります。現状回復だと今使っている状態を回復してくださいあるいは入居時の状態に全て戻してくださいということになります。経年劣化、使用による劣化、長年の使用による故障も全て賃貸人の負担これが現状回復の解釈になります。現状回復という言葉ではなく、原状回復が正しい言葉であり、国土交通省のガイドラインにも明記されてます。例えば、賃貸人が貸主に内緒でペットを飼ったペットが、ふすま壁紙畳床を汚し破損した。または賃貸人が壁の色が気に入らず勝手に塗替えをした、自分好みの絵を書いた、床までを勝手に色を塗り賃貸人好みの床に変えた。この場合原状回復の請求をされても文句は言えません。通常は20−80万請求されると言われています。また逆に経年劣化による損耗、床、畳、壁、水道、給湯器、ガス設備の普通使用による劣化は賃料に含まれます。部屋を借りればどんなに大切に扱ってもどこかは痛むものです。そのための補填費は賃料敷金更新料で賄えられるものです。大切なのはまず契約内容を遵守する事です。問題のある設備は修繕を要求して改善してもらうことも大事です。

空室

原状回復とは

自分が借りていた賃貸物件の状態を入居前の状態に戻すことを現状回復と言います。敷金を払ったかどうかで料金は異なってくるので、賃貸契約書を確認することが大切です。また業者選びの際は、紹介サイトを参考にするのが効率的です。

作業員

退去時に求められる工事

賃貸物件を借りてオフィスや店舗として入居した場合、退去時には入居時の状態に戻す原状復帰工事が必要です。原状復帰は原状回復とも呼ばれ、内装の解体工事と床や壁等の修繕・廃棄物処理までが含まれます。内装解体では入居者の都合で導入した内装を撤去し、スケルトン仕上では建物の構造物だけを残して全部を解体します。