賃貸物件を退去するなら|事前に原状回復の内容を知っておこう

作業員

引越しをするときの注意点

リフォーム工事

元の状態に戻す

賃貸住宅を借りていて、引越しをするときにしばしば問題になるのが、敷金の返金のことです。特に現状復帰の問題はトラブルになりやすいです。借主が退去する際に、いくらきれいに掃除をして退去しても、敷金の返金がされなかったりというケースも多いですね。では、なぜトラブルになるのでしょうか。簡単に言えば、現状復帰にかかる費用の、貸主と借主の負担の境界が曖昧なためです。国土交通省のガイドラインによれば、借主の故意または過失などによりつけた損傷や汚れは借主の負担。経年劣化によるものは貸主負担とされています。具体的に借主負担の例を挙げると、液体をこぼし、十分な掃除をしなかったためにできたカーペットや床の汚れ。ペットにより生じた床や壁のキズや汚れ。浴室やキッチン、洗面所などの水回りで掃除が十分に行われなかったことによるカビや腐食などです。現状復帰の部分の借主に責任がある場合ですね。一方、貸主の負担は基本的に経年劣化の部分すべてです。例を挙げると、家具を置いたことによる床やカーペットのへこみなど。日照や経年によるクロス、カーペットや畳の変色。エアコン設置によるビスの穴や、テレビや冷蔵庫の背面の壁の黒ずみなど。これらは、普通にそこに住んでいれば劣化する部分なので、特に借主に落ち度があるというわけではありません。もし、このような部分の修繕を請求された場合、一度話合いをしましょう。近年では、現状復帰を専門に行なっている業者がありますので、そのような業者に仲介にはいってもらうと話合いがスムーズにいくでしょう。