賃貸物件を退去するなら|事前に原状回復の内容を知っておこう

作業員

退去時に求められる工事

作業員

契約内容による違い

オフィスや店舗を開くため賃貸物件を借りる際には内装工事が行われ、必要に応じて備品や機器類を取り揃えることになります。退去時にはそれらの設備をすべて撤去しなければなりませんが、どの賃貸物件でも入居時の状態に戻す原状復帰が求められるものです。原状復帰は原状回復とも呼ばれており、意味は同じですが法律用語としては原状回復の方が多く使用されています。原状とは入居時の状態を意味する用語で、同じ目的の工事でも建築関係者の間では原状復帰と呼ぶケースが少なくありません。このような原状復帰工事には内装解体やスケルトン仕上げといった種類があり、賃貸物件のオーナーと交わした契約内容によって工事が選ばれます。このうち内装解体は文字通り内装部分だけを解体する工事のことで、オフィスや店舗の体裁を整えるために導入された照明器具やパーテション・備品・厨房設備等が撤去されます。契約内容によっては内装の一部を解体するだけで済む場合もありますので、工事を発注する前によく確認しておくといいでしょう。これに対してスケルトン仕上げとは、建物の構造体を除く内装の全部を解体して入居時の状態まで完全に戻す工事を言います。スケルトン仕上げは内装解体よりも徹底的な工事となりますので、床や天井・壁ばかりでなく配線や配管まで入居時に原状復帰させることが求められます。入居時にスケルトンの状態で借りた場合は当然ですが、中には旧店舗の設備等をそのまま引き継ぐ居抜き物件でもスケルトン仕上げの原状復帰が条件となっている場合があります。このように原状復帰には内装解体とスケルトン仕上げによる違いが見られ、工事費用にも差が出てきます。それぞれの解体工事に床や壁等の修繕と廃棄物処理などを加えた工事の全体像が原状復帰または原状回復です。これらの意味の違いを理解しておけば、賃貸物件の退去時に求められる義務に関しても冷静に対応できるようになります。