賃貸物件を退去するなら|事前に原状回復の内容を知っておこう

作業員

原状回復とは

空室

元通りに戻すこと

現状回復が出てくるシーンとして、退去者が入居していた不動産賃貸物件の部屋を、次の入居者を入居斡旋するために、掃除や修繕などを行います。具体的には室内クリーニング、壁紙交換、傷やタバコの焦げなどの修繕を行います。故意に室内の設備を破損させていた場合は、退去者に現状回復費用を退去契約時の費用以上に請求することもあります。不動産賃貸物件の居住用物件の現状回復は、入居前の状態に戻すための作業ですので、どの居住用物件でも現状回復は、退去者が退去後に作業が行われます。現状回復費用については、入居時の契約によって異なります。敷金を2ヶ月や3ヶ月契約時に支払う場合は、敷金の中から現状回復費用を充当することが一般的です。法的上、敷金は全額返還されるべきですが、賃貸借契約書の中に敷金から充当されるといったことが明記されていることがありますので、賃貸借契約書を確認しておく必要があります。敷金がない場合は、退去時に一定額の現状回復費用を支払うことがあります。これも賃貸借契約書に明記されていることがありますので、賃貸借契約書を確認して下さい。また現状回復業者を選ぶときは、業者紹介サイトを参考にするのがおすすめですが、それでも選べないときは相談スタッフに質問してみるといいでしょう。相談そのものは24時間受け付けていることが多いので、忙しい方でも安心できます。また相談料は無料で設定されていることが多いので、あまり費用をかけたくない方でも大丈夫です。